FX、投資に関することなら!

円高でも利益を得られるのがFXのメリット

日本の投資家は円高に弱い


日本で日本円をベースとして投資を行っている人にとって、円高は非常に恐ろしいものです。
円高になると日本の株式や不動産は売られます。
ドル円チャートと株価指数のチャートを見比べてみれば、この傾向はすぐに分かるでしょう。
多くの投資家は海外にも資産を保有していますが、円高になれば日本円換算した海外資産の価値は下落します。
ですから、日本の投資家は円高になったときに保有している多くの資産の価値が下落し、太刀打ちできないのです。

円高で利益を得るには


円高になったときに利益を得るためにもっとも良い方法は、円を買うことです。
円の価値が高くなるのが円高ですから、円を買えば良いわけです。
ただ、円は通貨ですから、通貨を買うためには別の通貨を売ることが必要ですから、そのために通貨の売買を行うことが効果的になります。

円の相手通貨について


円を買うと言っても、別の通貨を売って円を買うことが必要です。
売る通貨を選ぶことが必要ですが、多くの人はドルを売ります。
なぜかというと、ドルは基軸通貨で、円を買うと言えばドル円ショートのポジションを取ることが多いからです。
しかし、ドルに限定をするのは、分散投資の観点から見ればあまり良いことではありません。
分散を心がけるのであれば、ドルだけではなくてユーロやポンドなども売るべきでしょう。
ですから、ドル円だけではなくてユーロ円やポンド円などのショートポジションを持つのが良いと考えられるのです。
こうすることで、ドルの個別の要因によるリスクを抑える事ができます。

為替ヘッジとしての円買い


海外の資産を保有していれば、円高によって円換算したときの価値は下落します。
ですから、例えばアメリカの不動産証券を保有していた場合に、ドルベースでは利益がでていたとしても、日本円に換算すると損失が発生することもあります。
保有している資産に応じて日本円の買いポジションを持っておけば、為替レートの変動にい夜損失を防ぐことができます。
このような手法を為替ヘッジと呼び、海外資産を保有するときの為替ヘッジは円買いのポジションを持つのが一般的です。
個人でもFXを用いれば簡単に為替ヘッジができるというメリットがあります。

日本人なら円買いに用いるべき


円安になる局面では、たいていは株価は上昇しますから、FXで取引をしなくても利益を得る事ができます。
また、高金利の外貨を買えば利益を得る事ができます。
ですから円安局面では利益を得るための手段はたくさんあります。
円高になったときには、利益を得る手法は限られてきますから、日本の投資家にとっては、FXで円を換えることは非常に大きなメリットなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ