FX、投資に関することなら!

取引時間の長いFX

本業として投資をするのはハイリスク


投資のみで生計を立てるのはリスクの高い生き方です。
投資によって得られる利益は安定していません。
大きな利益を得られる事もあれば、全く利益を得られないこともあります。
ですから、本業として投資をするのは非常にリスクが大きいのです。
多くの人が副業として投資を行い、本業の収入の足しにしています。
個人投資家なら、副業から始めるのが良いと考えられます。

取引時間は重要です


多くの人がFXで投資を始めている理由の一つが取引時間の長さです。
株式投資の場合には、日本では東京証券取引所が開いている時間にしか取引を行うことはできません。
平日の午前9時から午後3時が立会時間と呼ばれ、この時間にしか取引を行うことができませんから、副業としてはあまり適していません。
他の金融商品も多くありますが、やはり平日の昼間にしか取引できないものが多く、副業として取引するのには適していないのです。

為替市場は24時間


FXのメリットの一つが取引時間の長さです。
日本の株式は日本の証券取引所を中心に取引が行われますが、通貨は世界中で取引されています。
世界中の市場で取引が行われるのですから、24時間どこかの取引所で取引されているのです。
時間を追っていくと、1日が始まると真っ先にシドニーやウェリントンなどのオセアニア市場が開き、それに遅れて東京が開きます。
その後は順にアジア市場が開いていき、ヨーロッパ時間にさしかかるとロンドンやフランクフルトが開きます。
そしてそれに遅れてニューヨークが開き、ニューヨークが閉じる頃には再びオセアニア市場が開くと言った形で24時間取引が行われています。

FXも24時間


為替市場が24時間開いていて、市場では通貨の取引が常に行われています。
正確に言えば、月曜日のオセアニア時間の寄りつきの時間から、金曜日のニューヨークの引けの時間までですから、日本時間にすれば月曜日の早朝から土曜日の早朝になります。
祝日などは関係なくずっと為替市場が開いていて、FXの取引もこの間はずっと行う事ができます。
ですから、昼間は働いている人にとっても取引がしやすいのです。

おすすめの取引時間


副業としてFXの取引を行う人にとっておすすめの時間は、日本時間の午後9時以降です。
この時間には、世界で最も為替の取引が多く行われるロンドン市場が開いていて、そしてニューヨークでは様々な指標が発表されます。
ロンドンフィックスやニューヨークカットなどの時間も含まれますから取引量が大きく、変動も大きいために、取引には適しているのです。
本業が終わった後にも取引ができるメリットもあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ